もう海へはいかない 24 (R18)


↓↓↓ (R18)エロ&昌樹(年上)受け注意!
      ※読み飛ばしても大丈夫です。結末には影響ありません。







水音が俺のTシャツを毟り取る。
無理を強いられた縫い目がどこかで軋みを上げた。
俺は体を捩ってボトムをインナーごと脱ぎ、ベッドの外に蹴り出した。
お互い何も言わなかった。


水音が俺の首に歯をあて強く吸うと、体の隅々まで電流が走った。
きつく、ゆるく、緩急をつけながら、舌を這わせていく。
俺が体を竦める度、意外な強さで開こうとした。
体の中で、炎のようになにかが揺らぎながら何度も走り抜けた。
彼の舌がどんどん体の中心へと移動していく。
一旦止めようと水音の肩に手をかけた時、いきなり咥えられて声を上げそうになった。
咄嗟に手で口を塞ぐ。
そうしてしまうと、あとは応戦一方で、その上には抗えなくなってしまった。
派手に湿った音を立てながら、水音が強く俺を吸う。
玉を強く扱かれながら舌で攻められると、なす術もなかった。
正直に言うと、溜まっていた。
腰を捩ってなんとか間を持たそうとしたが、あまりにも久々過ぎて堪えられなかった。


「・・・水音、も、無理」


なんとか押さえて絞り出した声は、彼に届かなかったのか無視された。
足を使ってずり上がろうとしたが、その足を強引に押さえ込んでくる。
思うように力が入らない。
棹を深く咥え込まれ喉の奥で突かれると、不意に体が跳ね上がり、あえなく俺は達してしまった。


開放された瞬間、ぶわっと中に浮くような気がした。
そして、ほんの一秒の滞空時間を置いて、一気に物凄い速さで落下していく感覚。
俺はどれくらいの距離を浮き上がったのだろう?
落ちていく距離は恐ろしく長く破壊的で、それはこれまで経験したことのないレベルの快感だった。


頭の芯が痺れた。
なんとか肩で息をしながら、水音に目をやる。
部屋の向こう、キッチンから洩れる僅かな明かりが逆光になり、彼の顔はよく見えなかった。
何か言おうとしたが、すぐに言葉が出てこなかった。


促されるままに体の向きを変えると、そのまま押さえ込まれた。
彼は躊躇いなく俺の体を割ろうした。
ぬるっと冷たいものと一緒に彼の指が抉じ開けるように入ってくる。
なぜだかこの時、俺は『用意してたんだ』と妙に感心した。
だが、そんな感慨はすぐに消し飛んだ。
フェラは確かに久しぶりだったが、バックはそれ以上だった。
まったく未経験というわけじゃなかったが、こちらはそんなに簡単に解れない。


水音が背中にのしかかってきた。
俺の耳を噛み、舌を差し入れてくる。
咄嗟に首を竦めたが、強引にこじ開けてきた。
びちゃっという湿った音と、彼の熱い息を感じながら、
俺は身を捩って彼の胸を押し返そうとした。
なぜだか抵抗しきれなかった。
体の芯が疼いて、そちらに意識を持っていかれる。
俺を嬲る指は容赦なかった。
しばらくして、ようやくそれらから開放されて息をついたのもつかの間、
入れ替わりにゆっくりと水音が俺の中に入ってきた。
体の奥を広げられる感覚。
臍の下を内側から抉られ、膀胱を揺すぶられる、なんともいえない異物感。
俺は手で口を塞ぎ、息を詰めて目を閉じた。


まさか水音にヤられるとは思ってなかった。


「・・・は、ぁ、あ、、ぁ」


声を抑えるのが精一杯だった。
ここは安普請のアパートだ。
普通に声を出したら絶対に外に洩れる。
背中に水音の息使いが聞こえた。

「ん、ぁ、ぅん・・・」

彼も抑えていたけれど、洩れ聞こえてくる声はいつも聞いている水音の声だった。
男にしてはちょと甲高い、甘い声。
俺が腰を浮かせると、更に体を密着させてきた。
激しいストローク、汗で体が滑る。
繰り返し快感が体を駆け上がってくる。
背筋が粟立ち、膝が震えた。

やばい。またイきそう。

咄嗟に顎を上げ体を反らせた時、水音が小さく声をあげ俺の中で達し、同時に俺もイっていた。


頭の中で何かが弾けた。
余韻は半ば浮きながら、ふわっとゆっくり落ちるような独特の喪失感を伴う奇妙な感覚だった。
そして急に地面間際で加速してそのまま叩き付けられてクラッシュ。
骨ごと肉体を砕かれるような衝撃。
目の前に星が飛んだ。
体が痙攣したのが自分でわかった。


体を伝い落ちる彼の体液を感じながら、俺は痩せたベッドに突っ伏した。


しまった。
コンドーム買っときゃよかった。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
閲覧ありがとうございます!お気が向かれましたら、押してやってください。励みになります!



bs170408.jpg

初めてエロ描写を書きましたww
無理だと思っていたけど、書いてみたら楽しかったですww
これエロいか?とか言う以前に、変じゃなきゃいいんだけど・・・(笑)
読んでいただいてありがとございますです!


昌樹・・・www


※ 次の更新は、翌日 12:00 です。 ありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト